• home
  • >
  • クォンタムヒーリング

クォンタムヒーリング

クォンタムヒーリング

http://ameblo.jp/quantum-prayer/entry-12178074087.html
2013年から香咲弥須子さんのご指導のもと、このブログの管理人の渡邊美智恵さん、プラクティショナーの佐藤直子さん、そして、ご参加頂いたプラクティショナーの皆さんとクォンタム・プレイヤーを学んで参りました。

クォンタム・プレイヤー(Quatum Prayer) は A Cource in Miracles (奇跡のコース)をベースにしています。
人生の様々な問題を経験している原因を明らかにし、愛され、守られている完璧な「ほんとうのわたし」を思い出し、本来の人生を歩みだす祈りです。

A Cource in Miracles (奇跡のコース)をベースにしていますが、セッションを受けられる方は必ずしも奇跡のコースの学習者である必要はありません。人生の問題、お身体のこと、どなたでもぜひ体験してください。

わたしも会社員として、突き当る人間関係、家庭の問題、様々な問題に直面し、不平不満や不安や理不尽なことへの憤りを感じていた時、A Cource in Miracles (奇跡のコース)に出会い、香咲弥須子さんに出会い、クォンタム・プレイヤー(Quatum Prayer) に出会いました。
以前は何かを変えれば、きっとこの状況を変えられると必死に様々な学びを貪っていました。A Cource in Miracles (奇跡のコース)、クォンタム・プレイヤー(Quatum Prayer) が、状況を変えるのではなく、問題を生み出している思いを訂正することで、やすらぎ・平安を取り戻すことができることを教えてくれました。
皆さんの幸せへのプロセスを目撃し、ともに伴走させていただきます。

岡本健嗣

香咲弥須子さんの連載 「クォンタムプレイヤー〜最強の祈り」
はこちら↓
http://yasukokasaki.com/category/blog/quantum-prayer/

ここから始まりました!
2013年〜2014年にオーガナイズさせて頂きました。
クォンタムプレイヤーワークショップ

『クォンタムプレイヤー』ワークショップ

香咲弥須子さんのクォンタム・ヒーリング(1)
クォンタムステートメント ワークショップ

2011年1月に『奇跡のコース』のワークを学ぶガイドブックが出版されて、
2年を過ぎ、日本でも着実にACIMを学ばれる方が増えているのを実感して
おります。

「『奇跡のコース』のワークを学ぶガイドブック9 祈りのある生き方」
の学ぶためのヒントには次のように書かれています。

これから始まるのは、祈りの日々です。
コースには、祈りとは梯子のようなものだと書かれています。
一段ずつ、梯子をのぼるように、祈りを深め、祈りを高めていかなければならないと。
また、祈りには、はじめも終わりもない、それは人生の一部である、とも書かれています。
祈りは、おこなうたび、同じ祈りに戻ってくるたびに、深まるものです。
祈りの言葉を、わかる、わからない、と区別すること、納得できる、受け入れられない、
と判断することは一切できません。
祈りは、ゆるしを選んだ心だけのもの、心の窓を開いておこなう、神との、すなわち、
真の自己とのコミュニケーションなのですから。
・・・
コースに導かれ、祈りのある生き方に入り、滑り落ちること無数、それでも今も梯子をのぼり続けているわたしが、今、祈りについていちばん深く感じているのは、最高の祈りは、人と祈りを分かち合うことだ、というものです。
共に、祈りに心を合わせ、すべての人々のために祈る、たったひとりの神の子、たったひとつの 真の自己に祈るとき、五感が、永遠というものに触れたように感じるのです。

*******

祈りとは、ゆるしを選んだ心だけのもの、エゴの真っ只中にいたとしても、そこで訂正をしよう
という選択をすること、それこそコースの祈りであり、ゆるしであることを教えてくれていると
思います。

今回、香咲先生が、昨年秋にニューヨークCRSで、あらためて徹底して取り組まれたという徹底的なクォンタム・ヒーリングのワークショップを東京でも実現いたします。

そして、ぜひ、人と祈りを分かち合う最高の祈りを、一人一人が拡げていかれることを
祈ります。                       

2013年5月 ACIM Simple Life 岡本健嗣

http://www.crsny.org/ja/blog/2726#overlay-context=ja/blogpage